神戸市会議員(灘区)
いさやま大介

現役教員が神戸市政にチャレンジ!
政治をあきらめない!


  ・議員報酬&定数削減
  ・お役所仕事の改革
  ・神戸を稼げる街に!
  ・教育子育てを強化!
  ・70代現役社会!

 
 




私たちの世代の目線で、市政を改革!

 私・いさやま大介は、文教の街・灘区の学校で18年間教育に携わり、
生徒の成長を応援し支える立場にありました。
しかし、子ども達を社会に送り出したは良いが、様々な問題が先送りされているこの社会は、
果たして健全なんだろうか?と疑問を持っておりました。
衆議院議員・井坂信彦の活動を15年間支える中で、
教育制度も含め、他人任せにしていた社会の仕組みの維持・変革に、
自ら率先して取り組もうと決意し、この度、灘区から神戸市政の改革に挑戦します。

  
  

 

プロフィール

◯教員の両親から生まれる。
◯中学から大学までは水泳部のキャプテン。
◯神戸大学発達科学部を卒業。
◯灘区の松蔭中学と神戸海星中学・高校で、
 合計18年間、理科と化学を教える。
◯神戸市中学校体育連盟にて、
 水泳競技部理事および灘区・東灘区ブロック長を務める。
◯近畿カトリック水泳連盟の世話係を10年間務める。
◯地元の少年野球部ではコーチ。
◯現場からの教育改革を志し、神戸市会議員に初当選。
 

個人データ

血液型:B型(大らか・マイペース)
星 座:山羊座(努力・責任感)
趣 味:水泳(自由形)、カラオケ
家 族:妻、長男、長女
大好物:かにクリームコロッケ
座右の銘:自分の頑張りが、誰かの笑顔になる。
 

未来の神戸に5つの提言

  

1. 議員報酬&定数削減!

神戸市会の議員報酬は、全国の市区町村で2番目に高い93万円。
議員定数は減るどころか、中央区で逆に増えています。
増税やサービス切り下げの議論をする前に、
まずは議員自らが定数と報酬を削減し、模範を示すべきです。
あわせて、号泣県議で問題となった政務活動費の使い道をネットで公開します。

2. お役所仕事の改革!

役所と民間企業の役割分担を見直して、官民の給与格差を解消します。
また、納税者の理解を得られない各種手当は廃止し、天下りを根絶します。
一方で、税金滞納の逃げ得や生活保護の不正受給を無くし、
真面目に働いた人が損をする世の中から、
納得して税金を払える世の中に変えて行きます。

3. 神戸を稼げる街に!

東京一極集中を打ち破り、
京阪神地域に日本の経済・文化のもう一つの中心を作ります。
神戸は常に新しいものを発信する街として、起業・新規出店・研究・芸術など、
新しいことに挑戦する人材を神戸に集めます。
雇用を増やし、パートや派遣など非正規の方もしっかり稼げる仕組みを作ります。

4. 教育&子育てを強化!

議員が身を切り、役所を改革して創り出した財源で、教育と子育てに投資します。
大阪では既に実現している私立高校の授業料無料化や、
塾代の補助も神戸に採り入れます。
また、中3までの医療費無料化や育児休業手当の追加補助、女性の復職支援などで、
神戸を「日本一子育てしやすい街」にします。

5. 七十代現役社会!

今の70歳は、一昔前の60歳と同等の体力・能力を維持しています。
定年後に事業を始める高齢者を支援し、
介護・保育・教育など地域のニーズと高齢者のボランティアを結び付けます。
三世代同居や近居を支援し、健康寿命を延ばすプログラムを地域に増やすことで、
介護施設の待機者ゼロを目指します。

事務所

神戸市灘区国玉通2-2-8 まどかビル2階
電話:070-1930-2368
FAX:078-271-3707
※上野中学校の西側、「五毛天神東」交差点のそば

インターネット・アドレス

メール:info@isayama-daisuke.jp
ツイッター:@isayamadaisuke
フェイスブック:https://www.facebook.com/profile.php
        ?id=100009359011704